炭水化物を抜くダイエットっていいの?

炭水化物を抜くダイエットは人気がありますが、果たしていいのでしょうか。
炭水化物抜きダイエットは、低炭水化物ダイエットとも言われているもので、炭水化物の摂取量を制限することで血糖値をコントロールします。

減量や体質改善に効果的なダイエット方法として評価されています。
炭水化物を全く摂取しない事で、カロリーを抑え、脂質を代謝させるという方法になります。
炭水化物を抜くダイエットといのうは、悪くはないのですが、正しくおこなわないと、血糖値をコントロールすることはできません。

炭水化物を単に抜くだけでは血糖値の低下や急上昇などが起こり、体調を崩す恐れがあります。
そうなると期待されているようなダイエット効果は得られません。
炭水化物を抜くダイエットをする場合は、抜いた分のカロリーを脂質とタンパク質でしっかり補わないといけません。

炭水化物を抜くダイエットは、糖質の摂取を抑えるので、ダイエット効果が表れやすいのですが、
炭水化物を食べずに糖質を一切摂らないと、体に危険が及ぶ可能性があります。
また、簡単で痩せやすいのは確かなのですが、過剰に炭水化物を抜いて糖質の摂取を抑えると、リバウンドする可能性が高くなります。